KaleidoScope-DIARY

新潟市東区はなみずきのKaleidoScope代表がお送りする、何てことない日々の記録

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

1年、

 震災から1年、14:46、事務所でHEATWAVEの「満月の夕」をかけながら黙祷させてもらいました。
この1年、本当に色々と考える事が多かったと思います。未だ復興の兆しが見えない所が多いですが、被災地の皆さんは必死に今を生き、当たり前だった「日常」を取り戻そうとしています。

先月末、新店舗のアメニティ依頼の為、南相馬市のえんどう豆さんに行って来ました。
新店舗のお土産をどうしてもそこで作って貰いたい、作ってもらえるのなら、電話やメールでお願するのではなく、直接お願いしたい、気がついたらダイヤルしていました。
道中、磐越道を降り、いくつかの山を越え南相馬へ…途中の村や街には人が殆どいませんでした。ほんの1年前までは当たり前の様に耕していた畑、殆ど風化する事無く閉まっている店舗、ぬくもりが感じる事が出来ない家々…地図や写真で見れば普通の風景かもしれないが、そこには魂が無いんです。それがたまらなく切なかった。
話が前後しますが、帰りの道中、付近の中学生だろうか?陸上部が走り込み練習をしていた。部員数、6名…おそらく、本当はもっと多くの部員がいるのだと思う。警戒区域から外れたとはいえ、まだまだ注意が必要な場所、国、行政、自治体はこの事を把握しているハズなのに何故何もしないのか?何かしているのかもしれないが、もっと早く行う事が出来ないのだろうか?そんな事を考えながら走っていたら、ナビで示した場所とは違う所に入ってしまい、危うく事故になりかけた。

 話を戻し、南相馬のえんどう豆さん。
所長の佐藤さんを始めとするスタッフの皆様、研修生の皆様は丁度イベントを楽しんでいる時間だった。
最後の方だけだが、佐藤様の計らいで私もイベントを楽しませてもらった。その後、佐藤さんに今回の経緯を話し、南相馬の今を伺った。道中で自分が感じた事も話した。
佐藤さんは言った、「本当は僕達も怖い。でもこの街が好きだから、この街で生きる事を決めた。」…何も言えなかった。ただ一つ、自分の南相馬が好きになった。そして、微力ながらこの街をサポートして行こうと決めた。

この場所にアメニティを頼んで本当に良かった。南相馬に来て本当に良かった。

最後に、被災され命を落とされた皆様のご冥福と、被災地で復興のために踏ん張っている皆様の変わらぬご健康を…心から。

2012/3/11/01
南相馬までの道

2012/3/11/02
えんどう豆さんの看板

2012/3/11/04
素敵な皆様

2012/3/11/03
あの時まで、ココで作物を作っていたそうです。
今は、どうする事も出来ません。
  1. 2012/03/11(日) 21:05:53|
  2. 店での事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MY LIFE IS MY MESSAGE Vol.5 | ホーム | 大阪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://abaksblog.blog.fc2.com/tb.php/6-e7a4ff7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

KaleidoScope

Author:KaleidoScope
新潟市東区はなみずきのSelectItem SHOP KaleidoScope(カレイドスコープ)、代表の宮崎淳司(42)です。
高校卒業と同時に専門学校進学の為上京、その後東京に9年、大阪に2年住み地元へ。
紆余曲折を繰り返しましたが決して悪い人生じゃなかったです。
お近くにお越しの際は是非にお立ち寄りください。

最新記事

最新コメント

カテゴリ

店での事 (218)
OFFの事 (6)
出先での事 (64)
素敵なお客様(ブライダル) (28)
素敵なお客様(ブライダル以外) (18)
land of music (10)
個人的な事 (29)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。